9時間のトランジット!空港の授乳室で寝てから帰省7、8日目

バンコク-台湾-日本帰省

バンコク7日目の午前中はバンコク最後の食事を食べて、午後は台北に移動し、9時間というかなり長時間のトランジットタイムがありましたので、はじめての空港泊でした。

精神的にちょっときつかったバンコク女一人旅の〆となりました^^;

というワケでこの記事はバンコクから桃園空港→日本に帰省までの記事となります。

9時間のトランジットはきつすぎました。

バンコク最後の食事は鶏肉とナッツの炒め物とタイライス^^

スクンビットポイント10 レストラン

そして午後16時にスワンナプーム空港発、台北行きの便の予定でしたので、13時にはタクシーで空港へ移動。

出国手続きはスムーズで問題もなく大丈夫でした。

しかし、この日は肉体的にも精神的にもかなり辛い日になりました・・・

バンコク女一人旅帰省

まず、9時間のトランジットは最初はなんとかなる!と思っていましたが、

夜22時くらいに台北桃園国際空港のターミナル2に到着し、ほっと一休みしている間にも23時、0時となり、

お店が全部閉店してしまっていたのです。。。

誰もいない・・・

あーーーーー!!!

完全に失敗・・!

飛行機のチョイスミス!!

何このキティーちゃんのフロア!可愛い!!

って感じてる場合じゃない!笑

 

 

お腹も空くし、喉も渇いてこのまま朝まで(朝6時55分に新千歳空港行きでしたので)どうしようと考えていました。

どうすれば良いのかと。

ひたすら空港を歩きまわりました。

 

とりあえず休むところか、食事できるお店ないですか?

桃園空港乗り継ぎ

 

 

お店を探してもやっておらず、やっと見つけた無料休憩場。

桃園空港無料休憩所

 

 

充電もできるじゃん!

桃園空港無料休憩所2

一応リクライニングシートになっていて休むことができるので、少し仮眠しようと思って休んでいたのですが、冷房が寒くて寒くて寝られない・・・

体を温めるために、またひたすら歩き、寝れるところを探しましたが一向に見つからず。

 

空港の授乳室で寝る!

そしてやっと辿り着いた場所が授乳室でした。

ちょっと精神的にKANARIKITUI…

なので完全に写真撮るの忘れちゃいました😭

 

 

きつい・・。

本当ムリ・・・

でも、冷房も弱く、まだ無料休憩場のリクライニングよりはマシレベル!

 

 

というわけで、桃園空港第二ターミナルにある授乳室の中に個室が2つあり、鍵も閉めれるし、熱湯も使えるし、ドライヤーもあったので、無駄にドライヤーを体にあてて体を温めたり・・スマホも充電できましたし、夜中は誰も入ってくることなく、ほとんど寝れませんでしたが、少しだけ仮眠ができました。

 

 

かなりきつかったですが、生きるためには・・と思いながら選んだ手段でした(汗)

そんなわけで仮眠してウトウトしているうちに朝になり、8日目は台北から新千歳空港に無事到着。

桃園空港帰省

因みに、以前台北に行った際に小銭だけ物凄い余ってていたのがなぜか、私が持っていたバックの小ポケットに台湾ドルの小銭がいっぱい入っていたのが本当に救われました!!

これで水分補給もできたというワケでした笑

まぁどうでも良い話ですね(笑)

 

反省点

今回、航空券を出発する3日前くらいにとりましたので、9時間のトランジットなんかどうにかなる!って思っていましたが完全にミスでした。

それがなければ授乳室で寝ることもなかったですし、きちんと把握していれば、あらかじめトランジットホテルや1度台湾に入国してホテルに泊まって仮眠していたかもしれません。

また、トランジットの時間が空港のお店がやっている時間ならなんとか時間がつぶせたかもしれませんが、夜だとお店は1つもやっていませんので、かなりきつかったです。

勉強だと思って学びました!

それでは!